サンキューではお客様の物流改善の一環として、アウトソーシング・部分アウトソーシングの両面からお客様のパートナーとして運営・管理しています。

アウトソーシングの定義は「資源の外部化」です。
昨今のアウトソーシングは従来の考え方とは随分と様変わりしてきました。
従来は下請け・請負の感覚が強いものでしたが、最近では「餅は餅屋に」と変わり、パートナーや専門特化の重視へと移行しつつあります。
サンキューはこれまでに培ったノウハウを基に、各々のお客様に合った形を常に模索しながら運営しています。

部分アウトソーシングとは物流部門の中の一部を外部組織が担当することを指します。
(例えば、お客様の物流センターへ出向し、そこで発送代行業務や配車等行ったりすることです。)
お客様の物流部門の方と場所を同じにすることにより、よりきめ細かなサービスが可能となります。

・パートナーシップ お客様の経営戦略を理解し、協力関係を築き共に成長する
・専門特化 サンキュー保有のノウハウを駆使しプロとして対応する
・向上心 常に改善する向上心を持ち続ける
・機密保持 お客様との守秘義務の徹底

簡易物流診断に基づいた現状調査を行います。
お客様の組織・経営戦略に合わせたアウトソーシング導入プランを作成・ご提案します。
お客様と細部にわたって打合せを行い、プランを決定します。
プラン決定後は、各々のお客様にのプランにあわせて、進め方は異なります。

  • 労務基準・管理基準での対応が難しく、物流部門の管理に頭が痛い
  • 作業量とが年間通して一定ではなく閑散期・繁忙期の格差が激しい
  • 自社で運営すると経費が高い
  • 売上が好調で現在の物流センターでは人もスペースも足りなくなってきた
  • 臨時対応では人もスペースも費用が高くついてしまう。しかし現状の質は維持したい
それなら、サンキューのアウトソーシングを考えてみませんか?